本文へスキップ

土木施工管理技士資格ガイドは、土木施工管理技士をめざす方に資格取得のメリットや資格取得に関する情報サイトです。

土木施工管理技士 資格取得

1級試験ポイント/2級土木施工管理技士と1級土木施工管理技士を目指す

1級試験ポイント


■ 科目別出題傾向と学習法(学科)

科目 試験の内容 出題数 選択数
土木一般
(選択問題)
・土工関係
・コンクリート工関係
・基礎工関係
15問 12問
専門土木
(選択問題)
・コンクリート構造物
・鋼構造物・河川・海岸
・砂防・ダム・道路・港湾
・トンネル・上下水道・鉄道
・地下構造物
34問 10問
法 規
(選択問題)
・労働基準法・労働安全衛生法
・建設業法・河川法・道路法
・道路交通法・建築基準法
・火薬類取締法・騒音・振動規制法
・港則法・環境関連法令等
12問 8問
共通工学
(必須問題)
・機械・電気関係
・契約関係
・測量関係
5問 5問全てに
解答する
施工管理
(必須問題)
・施工計画・工程管理
・安全管理・品質管理
・建設機械
30問 30問全てに
解答する
1級土木の学科本試験は、四肢択一式で96問出題され、 65問を解答します。
上のように5つの科目から出題され、選択問題と全問必須問題に分かれて出題されています。必須問題の科目はもれなく学習し、選択問題は科目によって学習項目をしぼってしまうのも、効率の良い学習方法といえます。



■ 出題傾向と学習法(実地)

実地試験は学科試験のように四肢択一式ではなく、すべて記述式で解答を簡単明瞭にまとめなければなりません。実地試験では、経験記述が大切です。
この経験記述は、例年安全、工程、品質、施工計画のいずれかが出題されています。
次に、記述式の部分では、土木一般から土工とコンクリート工の問題が1題ずつ2題出題され、施工管理では、施工計画・工程管理・安全管理・品質管理などの分野から3題出題されます。
実地試験の出題は計6題で、うち1題(経験記述)は必須、残り5題のうち3題を選択して解答します。
よって4題を解答します。









資格取得講座

 土木施工管理技士 講座  生涯学習のユーキャン
1級 土木施工管理技士 合格指導講座

過去10年分の出題傾向を分析したオリジナルテキスト!

6ヵ月でムリなく合格が目指せます

 土木施工管理技士 通信講座  生涯学習のユーキャン
2級 土木施工管理技士 合格指導講座

1日わずか60分程度のマイペース学習でOK!

過去10年分の出題傾向を分析したオリジナルテキスト!